女性

脂肪溶解注射でスリムに変身~美容整形のポピュラー施術~

注射でダイエット

肥満

治療後に気をつけること

脂肪溶解注射(メソセラピー)はプチ整形といえども、それなりに注意点があります。サイズダウンをしたい部分に注射を打つことになりますが、注射を打ったあとに数日間皮膚が腫れたり、あざのような内出血を起こしたりする場合があります。服で隠せる部分ならまだいいですが、顔に脂肪溶解注射をする場合はそうなると心配です。ただし、脂肪溶解注射は治療直後からメイクができるので、ひどい腫れや内出血跡でないかぎりはファンデーションでごまかすことができます。腫れが引いたら患部をマッサージすることも大事です。マッサージをすることで代謝がよくなり、脂肪が排出されやすくなります。また、脂肪が皮膚の下でしこりになるのを予防できます。

手軽な痩身術

沢山ある痩身手術の中で最近注目度が高いのが脂肪溶解注射です。脂肪溶解注射は脂肪があるところならどこでもできます。やせたい部分に脂肪細胞を分解する薬液を注入すれば、メスを使用せずに脂肪を体外に排出できます。脂肪溶解注射は比較的皮下脂肪が少ないフェイスライン、目の下のたるみなどにもできます。また、頑固なセルライト脂肪の除去にも効果的です。普通の自己流ダイエットでは落としにくいエリアについた脂肪を、簡単に落とすことができます。通常は2週間〜3週間おきに3回以上繰り返して注射をします。何回か注射をするごとに体重の減少やサイズダウンを実感できます。一度落ちた脂肪は元に戻ることはなく、痩せやすい体質になります。

Copyright© 2016 脂肪溶解注射でスリムに変身~美容整形のポピュラー施術~All Rights Reserved.